栃木銀行

知っている方が居ましたら教えて下さい。 土曜日の栃木銀行の支店か足...栃木銀行

すいません。

すいません。
基本、埼玉県越谷に住んでいたら幼稚園、小中学校の学費は埼玉りそな銀行、引き落としじゃないんですか?今、幼稚園、小中学校とも越谷市は栃木銀行なんですが、栃木銀行の営業が凄いんですか?りそなの営業が弱いんですか?それとも…見えない力があるなら教えてください。

それは営業が強いとか弱いではなく、その園、学校の近くに支店がある銀行と思います。
ただ、埼玉りそな銀行であれば分りますが、越谷市で栃木銀行とは何か違和感はありますが、その地区に栃木銀行の支店が多いものと思います。
>それとも…見えない力があるなら教えてください。
そのようなことがあったとしても、父兄に不便な銀行であれば大ブーイングとなりますから、あの甘利議員的な口利きとか見えない力は通用しません。

金利が優遇される、手続きが簡単、入札で勝ったなど、
色々な理由が考えられますね。>

ゆうちょの担保定額預金とは何ですか?定額預金と、具体的にどこが違いますか?ゆ...

ゆうちょの担保定額預金とは何ですか?定額預金と、具体的にどこが違いますか?ゆうちょ銀行

>ゆうちょの担保定額預金とは何ですか?☆担保定額貯金・担保定期貯金(ゆうちょ銀行以外の銀行なら、定期預金)を預けている。
あるいは、国債・地方債・利付国債などを購入している。
☆総合口座契約をしている。
あるいは、「担保貸付サービス」(ゆうちょ銀行以外の銀行なら、「当座貸越サービス」)のご利用申し込みを済ませている。
・・・といった条件を満たしていれば、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)を利用できます。
※「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)というのは、定額貯金・定期貯金(定期預金)や国債・地方債・利付国債などを担保として、「定期預金(定額貯金・定期貯金)の残高の90%+国債・地方債などの残高の80%+利付国債の残高の60%=全ての合計で最大200万円以内(ゆうちょ銀行の場合は、最大300万円以内)(栃木銀行や新生銀行など、最大500万円以内、としている銀行も一部ありますが、少数派)」・・・までのお金を、例えば、通常貯金(ゆうちょ銀行以外の銀行なら普通預金)残高の残高不足で、水道・電気・電話・ガスなど、口座からの自動引き落としができない場合や、カードや通帳での出金希望金額に満たない場合に、銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が、自動的に、銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が持っているお金を貸してくれて、口座からの自動引き落としや、カードや通帳での出金ができる。
・・・といった感じのサービスです。
→例えば、「今月は、知人の結婚式が3つもあって、ご祝儀でお金を使ったから、給料日まで、あと1週間あるのに、もう5千円しか残ってない!どうしよう!」・・・といった時に、助かります。
※「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)を利用する場合は、担保定額貯金・担保定期貯金(定期預金)から、お金を下ろすわけではないので、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)を利用して、通常貯金(普通預金)残高が、マイナス表示になっていても、預けている担保定額貯金・担保定期貯金(定期預金)は、1円も減りません。
※ただし、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)は、あくまでも”銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行から借りた借金”なので、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)のご利用には、2月と8月・3月と9月・4月と10月など、それぞれの銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が定めた半年おきの期日に、年2回、担保貸付利率(当座貸越利率)で計算された、半年分の”担保貸付利息(当座貸越利息)”が、通常貯金(普通預金)口座から、自動引き落とされます。
→担保貸付利率(当座貸越利率)の算出方法は、銀行によって異なりますが、だいたい1~2%くらいなので、www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i300301CTwww.shinseibank.com/powerflex/overdraft.html(例)・250円を半年間借りると、当座貸越利息として1円とられます。
・2500円を半年間借りると、当座貸越利息として15円とられます。
・50000円を半年間借りると、当座貸越利息として300円とられます。
☆ゆうちょ銀行の場合は、「最大2年間」となっており、それを過ぎても、通常貯金残高がマイナスになっている状態のままで放置しておくと、ゆうちょ銀行の判断で、担保となっている担保定額貯金・担保定期貯金・国債・地方債・利付国債を、自動解約して借金の返済を行います。
→ゆうちょ銀行以外の銀行の場合は、特に期間を定めておらず、担保となっている定期預金・国債・地方債・利付国債の解約は、口座名義人からの解約の申し出がない限り、一切行わないため、普通預金残高がマイナスになっている状態のまま、10年でも20年でも50年でも、好きなだけそのまま放置することも可能。

総合口座の定期で、通常の預金残高が足りない場合、この定期を担保として限度額まで自動貸し出しされます。
残高不足で引き落としができない、なんてことが予防できます。
もちろん利息はかかりますので、早めに入金補てんする必要がありますが、それも普通口座に入金するだけで自動的に補てんされるので便利です。>

銀行振込について!

銀行振込について!私が利用しているのは、栃木銀行なのですが、相手から自分の口座にお金を振り込んでもらいたいのですが、出来ますか?相手は、口座を持っていないのですが…出来るなら、何を(口座番号など)相手に教えればいいのでしょうか?急ぎで教えて下さい!

できますよ。
相手に貴方の銀行名と支店 口座番号を教えるだけです。
相手の方は、同じ銀行から振込みして頂いた方が 手数料が 少なくてすみます。
もし 他銀行からの振込みですと 500円以内ぐらい手数料負担となります。

振込みするのは、口座が無くても、銀行から現金でも出来ますから、振込みしてもらうのは可能ですよ。
・銀行名 栃木銀行
・店名 (本店なら本店、支店なら〇〇支店、と知らせます)
・預金の種類(普通預金とか、当座預金とか、貯蓄預金とか、振込みしてもらう口座の種目を知らせます)
・口座番号(7桁以内のはずです)
・あなたの口座の名義(漢字とカタカナで知らせます)
・振込みしてもらう金額
を、知らせれば、振込み出来ますよ。
相手が口座を持っていなくて、「現金」で振込むのなら、
現金振込み可能なATMか、ゆうちょ銀行(郵便局)以外の、銀行か信用金庫などの 窓口から振込みしてください、と 教えてあげるといいと思います。>

栃木県矢板市付近で”ゆうちょ銀行”ってありましたか?

栃木県矢板市付近で”ゆうちょ銀行”ってありましたか?スーパー内のATM等でもいいのでゆうちょを探しております。
矢板市付近なので、余り遠くなければ矢板市から出ても構いません

こちらから検索できますよ↓www.jp-bank.japanpost.jp/access/access_index.html

ゆうちょで定期預金と普通預金に分けて貯金しています。

ゆうちょで定期預金と普通預金に分けて貯金しています。
定期預金には100万円を貯金しています。
普通預金の残高がマイナスになってしまったのですが、こういうときは定期預金から自動的に引き落としされるのでしょうか?また、普通預金がマイナスになったことで、解約されるなど何かペナルティはありますか?どなたか教えてくださるとありがたいです。

>普通預金の残高がマイナスになってしまったのですが、「担保貸付サービス」が、自動適用され、赤残口座となった状態ですね。
>こういうときは定期預金から自動的に引き落としされるのでしょうか?☆定額貯金・定期貯金(ゆうちょ銀行以外の銀行なら、定期預金)を預けている。
あるいは、国債・地方債・利付国債などを購入している。
☆総合口座契約をしている。
あるいは、「担保貸付サービス」(ゆうちょ銀行以外の銀行なら、「当座貸越サービス」)を申し込んでいる。
・・・といった条件を満たしていれば、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)を利用できます。
※「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)というのは、定額貯金・定期貯金(定期預金)や国債・地方債・利付国債などを担保として、「定額貯金・定期貯金(定期預金)の残高の90%+国債・地方債などの残高の80%+利付国債の残高の60%=全ての合計で最大200万円以内(ゆうちょ銀行の場合は、最大300万円以内)(新生銀行や栃木銀行など、最大500万円以内、としている銀行も一部ありますが、そういった銀行は、少数派)」・・・までのお金を、例えば、通常貯金(普通預金)残高の残高不足で、口座からの自動引き落としができない場合や、カードや通帳での出金希望金額に満たない場合に、銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が、<<<自動的に、銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が持っているお金を貸してくれて、>>>口座からの自動引き落としや、カードや通帳での出金ができる。
・・・といった感じのサービスです。
※「担保貸付サービス」や「当座貸越サービス」を利用する場合は、定額貯金・定期貯金(定期預金)から、お金を下ろすわけではありませんので、「担保貸付サービス」や「当座貸越サービス」を利用して、通常貯金(普通預金)残高が、マイナス表示になっていても、預けている定額貯金・定期貯金(定期預金)は、1円も減りません。
☆「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)は、あくまでも”銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行から借りた借金”なので、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)のご利用には、2月と8月・3月と9月・4月と10月など、それぞれの銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が定めた半年おきの期日に、年2回、担保貸付利率(当座貸越利率)で計算された、半年分の”担保貸付利息(当座貸越利息)”が、通常貯金(普通預金)口座から、自動引き落とされます。
→当座貸越利率の算出方法は、銀行によって異なりますが、だいたい1~2%くらいなので、www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i300301CT(例)・250円を半年間借りると、当座貸越利息として1円とられます。
・2500円を半年間借りると、当座貸越利息として15円とられます。
・50000円を半年間借りると、当座貸越利息として300円とられます。
>普通預金がマイナスになったことで、解約されるなど何かペナルティはありますか?☆ゆうちょ銀行の場合は、マイナス状態のまま、2年以上放置すると、担保となっている定期貯金・定額貯金を、ゆうちょ銀行の判断で、自動解約し、借金の返済をしてくれます。
☆ゆうちょ銀行以外の銀行・信用金庫・JAでは、定期預金の解約は、口座名義人からの申し出があるまで、一切行いませんから、マイナス状態のまま、10年でも・20年でも・50年でも好きなだけ放置でき、そのあいだ、借金の利息をとられ続けます。

とてもわかりやすい回答ありがとうございます!>普通預金が総合口座の場合は定期預金のおおよそ90パーセントまではマイナス残高で自動的に預金を引き出すことができます。
マイナス残高とは借り入れのことで入金して残高がプラスになれば完済したとなります。
総合口座とは普通預金口座と定期預金口座が一つになった預金通帳です。
多くはこの口座です。
もしも 普通預金通帳と定期預金証書(通帳)が別々なら銀行の窓口でお願いすれば総合口座の通帳で一つにしてもらえます。
その借り入れ利息(利率)は定期預金の2.25~5.00パーセントプラスです。
定期預金が100万円あれば普通預金の残高がマイナス90万円くらいまでは預金を引き出すことができます。>

郵貯に50万定期に入れていました。
通帳に-445861と記載されていますが、引き出し...

郵貯に50万定期に入れていました。
通帳に-445861と記載されていますが、引き出しが出来ません。
なぜでしょうか?

>郵貯に50万定期に入れていました。
>通帳に-445861と記載されていますが、引き出しが出来ません。
なぜでしょうか? 「引き出し上限金額」をオーバーするから、ですね。
☆定額貯金・定期貯金(ゆうちょ銀行以外の銀行なら、定期預金)を預けている。
あるいは、国債・地方債・利付国債などを購入している。
☆総合口座契約をしている。
あるいは、「担保貸付サービス」(ゆうちょ銀行以外の銀行なら、「当座貸越サービス」)を申し込んでいる。
・・・といった条件を満たしていれば、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)を利用できます。
※「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)というのは、 定額貯金・定期貯金(定期預金)や国債・地方債・利付国債などを担保として、「定期預金(定額貯金・定期貯金)の残高の90%+国債・地方債などの残高の80%+利付国債の残高の60%=全ての合計で最大200万円以内(ゆうちょ銀行の場合は、最大300万円以内)(新生銀行や栃木銀行など、最大500万円以内、としている銀行も一部あります)」・・・までのお金を、例えば、通常貯金(ゆうちょ銀行以外の銀行なら普通預金)残高の残高不足で、水道・電気・電話・ガスなど、口座からの自動引き落としができない場合や、カードや通帳での出金希望金額に満たない場合に、銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が、<<<自動的に、銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が持っているお金を貸してくれて、>>>口座からの自動引き落としや、カードや通帳での出金ができる。
・・・といった感じのサービスです。
※「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)を利用する場合は、定額貯金・定期貯金(定期預金)から、お金を下ろすわけではないので、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)を利用して、通常貯金(普通預金)残高が、マイナス表示になっていても、預けている定額貯金・定期貯金(定期預金)は、1円も減りません。
※ただし、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)は、あくまでも”銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行から借りた借金”なので、「担保貸付サービス」(「当座貸越サービス」)のご利用には、2月と8月・3月と9月・4月と10月など、それぞれの銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が定めた半年おきの期日に、年2回、担保貸付利率(当座貸越利率)で計算された、半年分の”担保貸付利息(当座貸越利息)”が、通常貯金(普通預金)口座から、自動引き落とされます。
→担保貸付利率(当座貸越利率)の算出方法は、銀行によって異なりますが、だいたい1~2%くらいなので、www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i300301CTwww.shinseibank.com/powerflex/overdraft.html(例)・250円を半年間借りると、当座貸越利息として1円とられます。
・2500円を半年間借りると、当座貸越利息として15円とられます。
・50000円を半年間借りると、当座貸越利息として300円とられます。
☆ゆうちょ銀行の場合は、「最大で2年間」となっており、それを過ぎても、通常貯金残高がマイナスになっている状態のまま放置しておくと、ゆうちょ銀行の判断で、担保となっている定額貯金・定期貯金・国債・地方債・利付国債を、自動解約して借金の返済を行います。
→ゆうちょ銀行以外の銀行の場合は、特に期間を定めておらず、担保となっている定期預金・国債・地方債・利付国債の解約は、口座名義人からの解約の申し出がない限り、一切行わないため、普通預金残高がマイナスになっている状態のまま、10年でも20年でも50年でも、好きなだけそのまま放置することも可能。

それ、定期を担保に「貸し越し」されていますね。
使いすぎたのでしょう。>皆さんの回答通り、定期50万あるうちの約45万を使ってしまったということです。この45万には、約0.25%の金利の支払いが必要です。
貯金をして利息を払うのはもったいないので、早めに、定期の解約をお勧めします。(今回の場合、50万の定期で月20円程度しか利息はありません、しかし、45万の利息の支払いなどで月100円程度支払いが必要です。)
解約したら、当然ですがあと 約5万4000円は引き出せます。>担保定期貯金に50万円預けて、通常貯金で担保定期貯金を担保に貸し付けを受ける場合、元金の90%まで貸し付けが受けられます。
つまり、45万円まで。
これを超えて貸し付けを受けようとされたのではないでしょうか。>マイナスになっているのは普通預金ですね?
定期預金の50万を担保に90%まで借入できます。
45万までです。マイナス45万までなら可能です。
後4千円程なら出せます。>総合口座の担保貯金に50万円入金されたわけですね。
そして、通常貯金から残高以上を引き出したので、
0⇒-445,861になったと推測されます。
*自動貸付け機能があるため50万円の90%以内で貸付する>

残高を確認したら、

残高を確認したら、現在残高の方が少なくお引出し可能残高の方が多かったのですがどうしたらいいのでしょうか??以前、定期貯金を申し込んだ際に入金するのを忘れ引き出せなかったのが原因かなと思うのですがお引出し可能残高の分引き出してもいいのでしょうか?

>現在残高の方が少なくお引出し可能残高の方が多かったのですがどうしたらいいのでしょうか??現在残高:普通預金のみの残高です。
お引出し可能残高:普通預金の残高+当座貸し越しサービス利用可能金額・・・となっていますので、当然、お引出し可能残高のほうが多くなります。
>お引出し可能残高の分引き出してもいいのでしょうか? ☆定期預金(ゆうちょ銀行・信用金庫では、定額貯金・定期貯金)を預けている。
あるいは、国債・地方債・利付国債などを購入している。
☆総合口座契約をしている。
あるいは、「当座貸越サービスご利用申し込み」(ゆうちょ銀行なら、「担保貸付サービスご利用申し込み」)を済ませている。
・・・といった条件を満たしていれば、「当座貸越サービス」(「担保貸付サービス」)を利用できます。
※「当座貸越サービス」(「担保貸付サービス」)というのは、定期預金(定額貯金・定期貯金)や国債・地方債・利付国債などを担保として、「定期預金(定額貯金・定期貯金)の残高の90%+国債・地方債などの残高の80%+利付国債の残高の60%=全ての合計で最大200万円以内(ゆうちょ銀行の場合は、最大300万円以内)(栃木銀行や新生銀行など、最大500万円以内、としている銀行も一部ありますが、そういった銀行は、少数派)」・・・までのお金を、→例えば、普通預金(ゆうちょ銀行なら通常貯金)残高の残高不足で、水道・電気・電話・ガスなど、口座からの自動引き落としができない場合や、ATMで、カードを使って、下ろしたい希望金額に足りない場合に、銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が、<<<自動的に、銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が持っているお金を貸してくれて、気軽に手軽に借金ができ、>>>口座からの自動引き落としや、カードや通帳での出金ができる。
・・・といった感じのサービスです。
→なので、総合口座の場合、あるいは、利用申し込みを済ませている場合は、定期預金を預けていれば、普通預金残高が0円であったとしても、ATMで「お引き出し」の操作をするだけで、「当座貸越サービス」が自動適用され、定期預金を担保に、銀行が持っているお金を、簡単に貸してもらうことができます。
※例えば、「定期預金は、1円も預けてなくて、すっからかんの0です!国債・地方債・利付国債などは、一切買ってません!」・・・といった場合は、銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行は、1円すら貸してくれませんので、1円も借りられません。
※「当座貸越サービス」や「担保貸付サービス」を利用する場合は、定期預金(定額貯金・定期貯金)から、お金を下ろすわけではないので、「当座貸越サービス」や「担保貸付サービス」を利用して、普通預金(通常貯金)残高が、マイナス表示になっていても、預けている定期預金(定額貯金・定期貯金)は、1円も減りません。
※ただし、「当座貸越サービス」(「担保貸付サービス」)を利用してお金を引き出した場合は、あくまでも”銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行から借りた借金”なので、「当座貸越サービス」(「担保貸付サービス」)のご利用には、2月と8月・3月と9月・4月と10月など、それぞれの銀行・信用金庫・JA・ゆうちょ銀行が定めた半年おきの期日に、年2回、 当座貸越利率(担保貸付利率)で計算された、半年分の”当座貸越利息(担保貸付利息)”が、普通預金(通常貯金)口座から、自動引き落とされます。
→当座貸越利率の算出方法は、銀行によって異なりますが、だいたい1~2%くらいなので、www.shinseibank.com/powerflex/overdraft.htmlwww.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i300301CT(例)・250円を半年間借りると、当座貸越利息として1円とられます。
・2500円を半年間借りると、当座貸越利息として15円とられます。
・50000円を半年間借りると、当座貸越利息として300円とられます。

>お引出し可能残高の方が多かったのですがどうしたらいいのでしょうか??
別にどうもしなくていいと思いますが。
>お引出し可能残高の分引き出してもいいのでしょうか?
いいですよ。
普通預金の残高を超えた分は、マイナスで表現されます。
その分には金利がかかります。
なるべく早くマイナスを解消するよう、預入しないとどんどん損しますけどね。
借りた分は返さないと、そのうち定期預金を取られてしまいます。>残高は普通預金に入っている額で、引き出し可能残高は定期預金を担保に借入ができるものまで含まれています。
引き出し可能残高まで引き出すと、普通預金はマイナスになります。>

大阪から足利銀行(栃木県)の口座に通帳だけでお金を「預け入れ」はできますか?...

大阪から足利銀行(栃木県)の口座に通帳だけでお金を「預け入れ」はできますか?もしできるならどのようにすればいいか教えてください。

足利銀行の通帳を使い、同行本支店窓口、ATMで「預け入れ」(入金)が出来ると思いますが、他の金融機関では不可だと考えます。
カードで入金なら出来ます。

大阪には足利銀行の支店、ATMがないので、通帳だけでの「預け入れ」はできないですね。手数料は掛かりますが、振込する必要があります。>

栃木から埼玉に手紙を送り、もうすぐ一週間経つのですが、相手に届いていません。
...

栃木から埼玉に手紙を送り、もうすぐ一週間経つのですが、相手に届いていません。
相手にお金を渡すのに、遠いので送りたいと言って見たところ、マスキングテープで固定して手紙で送ってと来ました。
なので、千円札2枚、10円玉2枚を固定して送ってしまいました。
触った感じでは簡単にお金が入ってる感じはしません。
その後、お金を送る専用の封筒があることを知りました。
相手にはまだ届いてないみたいで、私が出した手紙は家にも返って来ません。
どうすれば良いでしょうか?補足ちなみに、郵便局員さんがお金が入ってることが分かった場合、通知などは来るのでしょうか?送り先の子は友達です。

相手とどういう関係かわかりませんが、単に遅れているだけかもしれません。
でも、近県にしては、おかしい気もします。
二重取りを企んで届かないと言っていなければよいのですが…。
一般に送金するには大きく3つの方法があります(1)現金書留で郵送する(2)為替などの証書を郵送し換金する(3)金融機関の口座へ送金する(1)(2)はだれでも郵便局に出向くだけで利用できます。
(3)は安全確実ですが、少なくても受け取り側に預金口座がないとできません。
双方ゆうちょ口座を持ちATMまたはゆうちょダイレクト(ネット送金)は手数料無料です。
他にも同じ銀行間や送金手数料の特典付き口座をお持ちの方なら無料や格安で他行でも送金できることがあります。
(3)の方法が困難な場合、(1)がお勧めです。
送金手数料は送料・封筒代で最低533円ですが手渡し補償ありです。
(2)も簡便な方法ですが、為替の手数料が430円必要で普通郵便で送れば82円ですが書留にしないと補償なし・郵便受け投げ込み配達で終わります。
簡易書留でも310円加算ですから現金書留より高くなり換金の手間もかかります。
(定額小為替の手数料は1枚につき100円)

運悪く素行の良くない〒配達員が携わったら
現金は取られちゃう可能性ありますよ。
外から見て現金とは思えないとおっしゃいますが
配達員はそういうのも見抜きます。
学生の時郵便配達をやった事あるので
配達員さんの事はよく知っています。
郵便局の窓口で相談すればよかったですね。>郵便番号・住所・建物名称・部屋番号・宛名・料金分の切手を貼ったかどうかに
間違いや誤解があると遅れますので相手に確認取ってください
ツイッター・フリルメルカリなどの利用者に不備や偽りが少なからず見受けられています
特に個人が手書きすると誤記や勝手な省略により届けられなくなる事態もあります
相手には調査依頼するので上記の項目を確認してもらってください
その後、間違いがあれば配達郵便局に電話して軽く調べてもらいます
それでもないのなら正式な調査依頼です
受取人には郵便局に調査依頼を出すので協力してもらえるよう依頼します
郵便事故の傾向と対策(郵便局調査依頼・盗難は警察へ相談)
yubin.2-d.jp/y5/34.html
郵便で現金を送るためには、現金書留にする必要があり、郵便局で現金封筒を購入いただき、
買った現金封筒に現金と送りたい品物があれば入れて二重封筒を糊付けと印鑑か署名で封緘し
郵便窓口で現金書留として発送します(封筒代21円と送料512円~の郵便料金が必要)
郵便で現金を送る「現金書留」の利用(時間帯指定郵便の併用も可能)
yubin.2-d.jp/y4/30.html
配達指定日・配達時間帯指定郵便の出し方
yubin.2-d.jp/y4/31.html
現金を送る現金書留より安くて手軽な方法は為替証書を送って窓口で現金にする方法があります
少額なら切手で代用することを認めてくれる相手方もいます
普通為替と定額小為替で郵便お手軽送金[受取人指定郵便為替]
yubin.2-d.jp/c1/02.html>最寄りの郵便局に相談することを勧めます。
・参考 届くはずの郵便物等が届きません。どこに問い合わせたらいいですか?(日本郵便ホームページ内)
www.post.japanpost.jp/question/120.html>そういう事が起きた時なんとかできるような仕組みが現金書留です。それを使わなかったのですから諦めるしかありません。>

知っている方が居ましたら教えて下さい。

知っている方が居ましたら教えて下さい。
土曜日の栃木銀行の支店か足利銀行の支店でATMで紙幣のみの現金振込は出きるんでしょうか?月曜日扱いになるのは知っています。

ホームページをみましたが、どちらの銀行も土日祝日の現金振り込みはできないようです。

-栃木銀行

© 2020 ちょっと1億稼いでくるわ