東京都民銀行

バイト代の前給について 東京都民銀行でできる前給なんですが、バイト...東京都民銀行

京都の大学2回生です。

京都の大学2回生です。
私は東京の銀行に就職したいと考えています。
就活のことを全く理解出来ていないので教えていただきたいのですが、就職先の場所(京都、東京、神奈川など)というのは自分自身では決められないのでしょうか?それともはじめから、東京で勤務希望と選択できるのでしょうか?例えば、三菱東京UFJや、みずほグループ、三井住友などは京都にも支店がありますが、京都などの地方で面接や試験を受けて、東京に就職ってことも有り得るのですか?

ありえません。
総合職(銀行業務全般をやる職)でしたら、全国の支店のどこに配属されるかわかりません。
東京勤務を希望したとしても、それが通る可能性の方が低いようです。
かつ、銀行は3年に1度転勤しますから、運よく初年度に東京勤務になったとしても、3年後には転勤で他県に行く可能性が高いです。
一般職(受付のお姉さん)でしたら、就職試験を受けた地区での配属になります。
ですから、関西地区で一般職の選考を受けた場合、関西地区から出ることはありません。
あなたの希望通りに、永遠に東京配属になるためには、関東地区で一般職選考を受けるほかにありません。
あなたが男性でしたら、一般職の件は完全に蛇足ですので気になさらないでください。
ずっと東京で、銀行員として働きたいのであれば、東京都民銀行などの東京の地方銀行に勤めるしかありません。

総合職なら全国転勤は覚悟せねばなりません。特に、銀行は不正防止の理由から転勤が多い業界です。
何回か転勤をするたびに東京に配属されることもあるでしょうが、それは一時的なものかもしれません。
どの程度希望が通るかは、会社によって異なるでしょう。私には分かりません。
もし、特定の地域の銀行で働きたいなら、地方銀行か信用金庫がいいでしょう。>大学卒なら基本的に総合職(将来の幹部候補)なので、勤務地全国と覚悟するものですよ。>そうですね、札幌支店から那覇支店まで異動の可能性があります。>自分では決められないでしょうが、総合職なら ある程度の希望は考慮してもらえると思います。
東京勤務になったとしても、日本全国各地に支店がある 都市銀行だと、次の転勤で どこに飛ばされるかわかりませんよ。
でも、東京勤務から地方に飛ばされるのは、都市銀行だと、左遷という感じのようです。
ちなみに、東京の地方銀行である東京都民銀行は、東京都だけにしか支店が無いわけではないので、関東圏は出ないですが、勤務先の支店が、東京都ではない、という場合もありますよ。>サラリーマンになるということは、会社の辞令どおりに働くということです。この国の会社、ましてや銀行業界なんて、稼ぎと立身出世のために、わがままをグッと飲み込んで、40年近く働き続けることと引き換えに、プライドを保つんです。>

東京都民銀行 楽天支店のキャッシュカードが出て来ました。
もう今は実在しないんで...

東京都民銀行 楽天支店のキャッシュカードが出て来ました。
もう今は実在しないんですよね?。
破棄しても大丈夫でしょうか?。

東京都民銀行 楽天支店のキャッシュカードは、今は実在していないので、破棄しても大丈夫です。

西国分寺駅前に窓口のある銀行もしくは信用金庫はありますか?

西国分寺駅前に窓口のある銀行もしくは信用金庫はありますか?

東京都民銀行と山梨中央銀行があります。
maps.google.co.jp/maps?pq=%E8%A5%BF%E5%9B%BD%E5%88%86%E5%AF%...

銀行の名前についての質問ですが、京都銀行のような地方の名前がついた銀行は地方...

銀行の名前についての質問ですが、京都銀行のような地方の名前がついた銀行は地方政府所有ですか?それとも私有ですか?もし私有であれば、特定の地名がつく銀行は政府とどのようなつながりがあるでしょうか?日本銀行という銀行の銀行は国家が管理をしていますか?

日本銀行だけは極めて特殊な存在なので、最後に説明します。
日本の普通銀行(外国銀行の国内支店等を除く)はすべて民間企業(株式会社組織)です。
普通の企業以上に高い公共性と信用力を要するため、銀行業を営むには総理大臣の事前免許が必要ですが、民間企業の一業種には違いありません。
普通の民間企業が会社名(法律上は商号といいます)を「㈱京都○○」「広島○○㈱」等と名乗っていても、それが直ちにその名が示す地方自治体(都道府県や市町村)が出資・運営する会社であるとは特に思いませんよね。
銀行も純然たる民間企業ですから、ある都道府県名・都市名を名乗る銀行があったとしても、それは地方自治体直営の銀行ということでは全然ありません。
その地名を主たる営業基盤とする銀行というだけの意味です。
なお民間企業の商号は、有名企業と同一・類似した商号を悪意に基づき使用する場合を除き原則自由です。
ただし銀行業の場合は、商号の中に「銀行」という文字を必ず入れないといけません(一方で銀行業でない者が商号に『銀行』を入れること、例えば菓子問屋が『㈱お菓子銀行』と名乗ることも禁止されています)。
銀行に限らず会社の「所有者」が誰か、会社は誰のものか、というのは実は難しい問題なのですが、資本主義社会においては一義的には出資者(株主)のものとされます。
ある人が事業を興すときは、自己資金(親戚知人に足りない分を出してもらうこともありますが)を原資に会社を設立します。
会社が小さいうちは、出資者(所有者)イコール経営者であることが多いでしょう。
こういうのを「オーナー企業」といいます。
しかし事業規模が大きくなり事業に必要な資金が膨大になってくると、株式を公開して広く出資者を募るようになります。
公開企業の場合、会社の所有者(=株主)が個人を含む多数の投資家に分散します。
株式会社の最高の意思決定機関は、株主総会なのですが、株主の多くはその会社の経営に関する知識・能力がありませんし、その会社の日々の個別取引を決裁するために日常的にいちいち集まるわけにもいきません。
そこで株主総会で取締役(役員)を選任し、彼らに日常の経営業務を委任するようになります。
「所有と経営(支配)の分離」という形態です。
銀行も、経営破たんした場合等を除き株式を公開している会社の一つですから、所有者(株主)は多数の法人・個人株主に分散しています。
都道府県や市町村が銀行の株主になっている例も一部ですがあります。
しかし株式の保有比率は多くても20%未満で、地方自治体が会社の支配権を持っているわけではありません。
地方自治体が株主総会の議決権の半数以上を保有し、実際に銀行の経営権を行使している例は、石原元東京都知事の鶴の一声で2005年に開業した「新銀行東京」が唯一の例ではないかと思われます。
「新銀行東京」は株式の85%を東京都が保有する(2015年3月現在)、東京都がオーナー(所有者)の銀行です。
開業したのはバブル崩壊後の不良債権増大で、既存銀行が中小企業への「貸し渋り」「貸しはがし」が深刻化していた時期です。
そういう時に石原都知事(当時)が「中小企業への資金支援」「ベンチャー企業育成」をぶちあげ、東京都が1000億円を出資して発足させたのが新銀行東京でした。
しかし所詮は融資の素人の集まりで、審査基準が甘すぎました。
大手銀行が優良取引先を手放すはずがなく、新銀行の融資先としてお鉢が回ってきたのは回収リスクの高い企業ばかりでした。
銀行の経営を東京都が完全に支配し、特に都知事個人の意向が優先され、年度内に何千億円の融資実績を作れ、と都から命令を受けると拒否できません。
頭取も都知事の一存で次々クビになりました。
民間企業としての所有と経営の分離(経営の自主性)がまったくできていなかったと言わざるを得ません。
設立初年度から不良債権が雪だるま式に膨らみ、設立後わずか3年で経営は破綻し赤字の穴埋めのため東京都は追加出資を余儀なくされました。
最初の出資も追加出資も原資は税金ですから、東京都は莫大な都民の莫大な税金をどぶに捨てたことになります。
新銀行東京は業容を縮小し現在も存続していますが、来年を目処に東京都民銀行と八千代銀行を傘下に置く「東京TYフィナンシャルグループ」に経営統合されることで消滅の運びとなりました。
新銀行東京の失敗は、行政(国や地方自治体)が銀行経営に直接関与すべきではないという教訓を如実に示しています。
政策的な理由で銀行経営の根幹である審査が左右されてはいけないということですね。
日本銀行は、資本金のうち55%を日本国政府が、残り45%を民間が出資している独立法人(日本国の唯一の中央銀行)です。
民間資本部分については株式会社の株式に相当する「出資証券」が証券市場に上場され、個人が出資者になることも可能です(株式会社の配当に当たる報酬あり)。
日銀は日本国政府が資本金の半分以上を出資していますが、法律により政府から独立して日本の金融に関する判断を行うことが保障されています。
諸外国の場合も、中央銀行は政府から独立した機関であり、金融に関して独自の判断をするという位置づけを与えられています。
民主主義の元では、政府も国民への人気取りのため、金融政策も長期的な経済の安定よりも目先の対応に走りがちです。
特に景気が過熱してインフレ懸念があるときに、目先の景気を減速させかねない(目先の税収も減る懸念がある)金融引き締めを政府は断行しにくいものがあります。
このような理由から、中央銀行は政府から独立して独自の金融政策の判断ができるよう保証されています。
もちろん、中央銀行が常に正しい判断をするとは限りませんし(政府=内閣の場合と異なり、日銀は失敗しても国民に直接責任を負わないという制度上の問題があります)、基本的には政府の経済政策と歩調を合わせて政策判断をするのが最善です。
しかし時には政府の政策と相反してでも中央銀行が政策的独立を保持すべきである、というのが先進諸国が長い歴史を経て得た決定的な結論であり、日本の場合もその大原則を堅持しているのです。

どうして平均年収700万円越えのMRの就職偏差値が、平均年収500万円以下の銀...

どうして平均年収700万円越えのMRの就職偏差値が、平均年収500万円以下の銀行と同レベルの就職偏差値なのですか。
こんなつぶれそうな銀行にはいるくらいなら、転勤はあってもMRになりたいと思うはずです。
何故、銀行は就職偏差値が高いとされているのですか。
全く肯んぜられません。
そんなに製薬会社って入りやすいのですか。
42 青森銀行 三重銀行 池田銀行 但馬銀行 宮崎銀行 静岡中央銀行 大光銀行 42 神奈川銀行 川崎信用金庫 42 みちのく銀行 東京都民銀行 泉州銀行 琉球銀行 北日本銀行 第三銀行 42 大正銀行 みなと銀行 40 荘内銀行 清水銀行 富山銀行 鳥取銀行 筑邦銀行 長野銀行 高知銀行 40 福邦銀行 豊和銀行 沖縄海邦銀行 中央労43 三和化学研究所 沢井製薬 鳥居薬品 あすか製薬 42 千寿製薬 わかもと製薬 大洋薬品 41 久光製薬 扶桑薬品工業 2chreport.net/com_62.htm

理系から銀行に就職しようと思えば可能ですが、文系から製薬会社に行くのはまず無理でしょう。
事務系ならともかく。
製薬会社は最初から大学でそれなりの専門分野を学んできた学生しか対象としていないのでは?こういうのは単純な応募者の数だけではなく応募者の質をちゃんと分析する必要があると思いますが。

MRのものです。
就職偏差値なるものがよくわかりませんが。一応製薬会社の方のお話だけさせてもらいます。
製薬会社といってもいろいろです。
だいたい、種類として国内大手、国内中堅、後発品系、外資系と分かれるかと思います。
国内大手といえば、武田、第一三共、アステラス、
中堅ではないですが一つ落ちて、エーザイ、塩野義、田辺三菱、あたりかと思います。
外資系でいえば、ファイザー、ノバルティス、中外、MSD、ベーリンガーなどなどです。
後発品でいえば、沢井、あすか、東和、大洋などかと思います。
現在、どこも自社品と特許切れや新薬不足もしくなどやMRの人数が将来的に減少傾向が予測されていたりなどで採用に意欲的でない状況はありますが、福利厚生、給料関係などでは国内大手と外資系などと後発品系の会社とでは全然違うようです。
こちらのリストにある会社はどちらかというと後発品系の会社となりますので給料体系はイメージしている製薬会社とは違うと思います。
製薬会社は世界的には規模が大きく日本の最大手の武田さんでも10位ぐらいという状況です。
新薬は開発に1000億以上かかると言われているので事実上日本の製薬会社では限られた会社以外ではもはや新薬を出せない状況となっています。さらに後発品のシェアが政策の影響もあり諸外国並みに近づいてきています。中小製薬会社はそれでもなんとかやっていっていますが今後淘汰されていく可能性は十分にあります。
このようなことは製薬会社を志して調べていけばあるていどわかっていくことですのでいわゆる就職偏差値が低い可能性はあると思われます。地方の銀行は地元志向の方からは安定企業となると思いますので人気がこちらにある製薬会社より高いのは自然なことと思われます。>私は内資の大手製薬につとめていますが(MRではないです)、MRは結構厳しい仕事です。忙しい医者相手の仕事で時間が変則的、薬についての専門知識が必要で入社後のMR試験合格が必須、ノルマ厳しく収入は成果と連動など、転勤以外にも銀行と比べてネガティブな面があります。
また「つぶれそうな銀行」とのことですが、内資の製薬業界も色々と厳しい状況です。新薬不足、外資の国内参入、薬価引き下げなど。
就職希望の方はこれらを総合的に判断されているので質問者さんのおっしゃる状況になっているのではないでしょうか。>年収ベースの就職偏差値ではないですよね?
どこから引用したか書かれていませんが、
銀行、特に地銀は地元の国立大学卒を中心に採用します。
国立大の偏差値は高いですよ。
幅広い人材を雇用するとなると、偏差値にこだわらなくなりますよね。
当然ながら均したら低くなりますが。
質問者:bullet_train777>

前給について質問です。

前給について質問です。
働いて3ヶ月になります。
最近会社で前給が使えるという事を知ったのですが、(職業はカラオケ店員です)勤務実績額が50000円と表示されそれ以上働いているのに実績が50000てなめてますよね?因みに月100000円まで(働いた時間、金額の50%まで)前給が利用できるみたいなのですが、何故勤務実績額が50000から反映されないのでしょうか。
因みに東京都民銀行です。
これは銀行が更新してないのか、会社側が更新していないのかどちらでしょうか?別にお金には困っていないのですが、そこら辺しっかりしない会社で働きたく無いので。
嘘を後輩に教えたくは無いので詳しい方いらっしゃったら教えてくださいよろしくお願いします。

勤務実績額が50000円というのは借入金額がいくらくらい可能かということを見るための金額じゃないでしょうか。
5万以上10万未満は5万円と表示されるみたいな。

なるほど。。。ちょっと店長にでもサラッと聞いてみますね!ありがとうございます!>

東京都民は新銀行東京への税金投入に反対するより先に潰れた会社の経営者探し出し...

東京都民は新銀行東京への税金投入に反対するより先に潰れた会社の経営者探し出して弁償させようと努めるべきと思うのですがどうですか?あれでは食い逃げですよね?世の中自己破産なんか通用しないということを身をもって教えるべきと思うのですが?

まず、認識のズレが大きいと思いますが、借金をして返せないのは犯罪ではありませんよ。
契約違反なんです。
ですから、借金踏み倒して刑務所に行く人はおりません。
契約違反ですから、返せない場合も、契約の範囲で、粛々と事後処理を進めるにしか過ぎません。
銀行は、タダで、慈善事業で金を貸している訳ではありません。
貸すのが商売で貸している訳で、貸した金が返って来ないリスクを抱える事によって成り立っている商売が銀行なんですよね。
そして、そのリスクの大きさによって金利を取っている訳で、貸せば、戻ってくる時もあれば、戻ってこない時もあって当然な訳で、想定内の事です。
その為に馬鹿高い金利を取っているんです。
今回の問題は、リスク管理が出来ていなかった事が問題であって、返せない人の責任ではありません。
国家でも借金を返さないで踏み倒す場合もありますし、会社でも、個人でも、当然、無い袖は振れないのですから、返せない訳です。
そして、そういう場合のルールも決められている訳ですから、ルール通りにやるという事です。

借金踏み倒しの債務者は、食い逃げと一緒。まさに、そのとおりです。
しかし、残念ながら、自己破産した会社の経営者を探し出しても、お金をぶん取ることはできません。
自己破産した会社や経営者の財産は、破産管財人と言われる弁護士の管理下に置かれ、銀行は手を出せません。
弁護士が財産を処分し、まず担保として財産を取っている銀行の借金返済や従業員の未払い給料などに充てられます。
(担保を取っている銀行なら、銀行の方から担保処分して借金を回収することも可能)
新銀行東京のような無担保で融資していた銀行は、それで余った雀の涙ほどのお金をほかの債権者と分け合うだけです。
不条理ではありますが、世の中自己破産が通用してしまうのです。
はっきり言って、自己破産してしまうような会社に無担保で融資した、新銀行東京が間抜けだということです。>中小企業の中には非常に高い技術力を持つ所もあり、これらの人材、技術は日本の数少ない重要な資源です。
1兆円出してでも守るべきものでしょう。
東京都の財政を黒字に転換し、ディーゼル規制で環境を改善、これだけの大都市の治安を向上させた成果は東京都民には無視できないでしょう。
新東京銀行等の暴論や思いつきイベントなども目につきますが、それらがむしろ石原氏への理解に繋がっています。
自分の考えを話さない福田総理や、官僚出身の首長とはそこが違うわけです。
ヒステリー的な石原イジメをしている共産党や石原やめろネットワークの方にこそ無知を感じます。
沖ノ鳥島保護等は国が本来やるべき事なのですが、国家戦略の無い政府に任せずに自ら実行した事で、彼の国家戦略眼が正しい事がわかりました。
共産党は領土問題や治安問題に対して机上の空論の非武装論を唱えてるので信用できません。
それ以外は評価できるんですがね……一番肝心な国防、秩序維持に対してコレでは……>

ゆうちょ銀行は県民の日もやっていますか?

ゆうちょ銀行は県民の日もやっていますか?因みにやりたいのは振り込みです

ゆうちょ銀行が休みになるのは、土曜日、日曜日、祝日、年末年始の大晦日から正月3が日(12/31~1/3)それ以外は、営業日となります。
ちなみに、県民の日で休みになるのは、下記の都道府県の学校くらいです。
千葉県(県民の日)6月15日東京都(都民の日)10月1日群馬県(県民の日)10月28日茨城県(県民の日)11月13日埼玉県(県民の日)11月14日山梨県(県民の日)11月20日

県民の日は、その県だけですね。
その他の人は、
存在すら知りません。>県民の日というのは、国民の祝日に関する法律に定められた休日ではありませんので、ゆうちょ銀行・郵便局の窓口は平常営業です。
また、ゆうちょ銀行・郵便局の窓口、ゆうちょ銀行のATMから振込を行うには、ゆうちょ銀行の総合口座もしくは振替口座が必要です。
www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/sokin/koza/kj_tk_sk_kz_...>都道府県民の日は法律で決められた祝日ではないので、銀行は普通にやっていますよ。>

東京のオススメの銀行について教えてください。

東京のオススメの銀行について教えてください。
小生は来年から新聞社に勤めながら予備校に通う新聞奨学生なんですが会社から「こっち(東京)に銀行口座作れ。
地方銀行じゃ給料振り込めないから」と言われたので作ろうと思うんですがどの銀行がオススメですか?みずほ銀行とかどうなんですか?バカな質問で申し訳ありませんが上京予定田舎者ですので勘弁。
補足ありがとうございます。
例えばみずほに作るとして作る際はお金はいくらくらい必要なんですか? 給料が入るまですっからかんなんですが

markethera105さん都内のメガバンクであればみずほ銀行、東京三菱UFJ、三井住友銀行地方銀行は都民銀行等支店が多い銀行の利用が良いでしょう。
ただし、基本は居住している地域内か学校の近くにある銀行が良いでしょう。
上京してからもしくはあらかじめ新聞販売所に該当する銀行がないか確認をしても良いでしょう^^(補足)1000円程度あればOKです^^

給料振り込むだけの用途ならどこでもいいんじゃないですか?
資産が10億円あってーって言うんなら心配でしょうけど。>

バイト代の前給について

バイト代の前給について東京都民銀行でできる前給なんですが、バイト先から資料?みたいのもらい名前などを書いて本部に送りました。
2日ほどして東京都民銀行から手紙がきました。
内容は前給のご利用開始の登録が完了しました。
というものでした それともう一枚前給の申込みのしかたが書いてある手紙もきて、その指示どうりにやったんですがサイトにログインすると現在このサービスは利用できません。
と、でて使えませんこれってちゃんと利用登録ってのが出来てるんでしょうか?店長に相談したところちょくせつ電話して頼んでみれば?と言われたんですが前給事業部が土日はやってなく、連絡とれません。
月曜に連絡すればすむんですがなんか何回もやってできなくイライラしてきたんで質問させていただきました。
補足銀行が休みですが前給もうしこみはできます年末年始・GWが利用できません。

利用登録完了と、前給利用開始は別です。
まだ、勤務先から給料データーが都民銀行に届いてないのだと思います。
何日か後には利用可能になると思いますよ。

-東京都民銀行

© 2020 ちょっと1億稼いでくるわ