第四銀行

七十七銀行は金融機関コードが077ですか? それでその名前なんですか...第四銀行

明日振込みをしようと思うのですが、

明日振込みをしようと思うのですが、第四銀行から郵貯銀行へ現金振込みは可能ですか?また、カード等使わずに現金を持っていって振込みをしたいのですがやり方を教えてください。
補足ご返答ありがとうございます。
変換はできました!ゆうちょ銀行→ゆうちょ銀行へも変換が必要なのでしょうか?ATMから現金で振り込むことができれば、解決です♪.

「記号-番号(1****-********)」↓↓↓変換↓↓↓「ゆうちょ銀行〇〇店普通預金*******」wwws.jp-bank.japanpost.jp/cgi-bin/kouza.cgi>変換はできました!変換は出来たのですね。
>ゆうちょ銀行→ゆうちょ銀行へも変換が必要なのでしょうか?その場合は不要です。
「記号-番号」のまま送金が可能ですから。
変換が必要なのは、他行からゆうちょへ振り込む場合です。
もし、ゆうちょ口座をお持ちなら、ゆうちょATMにて、ゆうちょ⇒ゆうちょ、は手数料無料です。
※今年の9月末までATMでのゆうちょ送金(電信振替)が無料。
持っていない場合は、ゆうちょ窓口で専用伝票を用いた電信払込みという手続きになります。
ゆうちょ口座あての現金送金はATM不可。
手数料は3万円未満525円、以上735円。
www.jp-bank.japanpost.jp/ryokin/rkn_furikae.html第四銀行のATMで現金振込は、手数料は3万円未満420円、以上630円。
www.daishi-bank.co.jp/information/fee.html#1単に振込手数料を比較すれば、第四銀行ATMの方がちょっとだけ割安ですね。
【現金振込】・ATM画面で「お振込み」>「現金で」と選択・振込金額入力・振込先の銀行検索>支店名選択>預金科目選択>口座番号入力 ※一部の銀行あての振込は、口座名義名をカナ入力する場合有り・振込人(あなた)の名前と電話番号の入力 ※振り込みエラー時の連絡先として・入力内容の確認画面が表示>OKなら手続き続行・現金を投入・振込額と手数料が差し引かれて、お釣りが返金・明細が出るので、必ず受け取って保管しておくこと銀行により手順が変わりますが、大体こんな感じです。

現金で10万円超の振込は本人確認書類が必要になりますので必ず用意して窓口で手続きをしてください。10万円以下の場合はATMでもできます>

会社の異動辞令について、条件をつけることは可能ですか?

会社の異動辞令について、条件をつけることは可能ですか?閲覧していただきまして、ありがとうございます。
現在、社会人4年目を迎えた20代女性です。
仕事内容は接客です。
同僚が現在の部署に対する不満から辞表を出すことを考えているそうです。
その場合に、次は私がその部署に異動することになりそうな気配です。
会社は県内にいくつか部署があるので、異動は構わないのですが、その部署の労働条件が酷そうです。
●具体例●■長年勤めている女性社員の都合で休みが決められる (土日祝日の関係なく働く仕事・拘束時間の長い職場なので、自分の休みが決められないと結構きついです)■ローテーションで仕事をしていますが、大きな仕事が入るとすべて年下任せ (その部署にいる社員が仕事をしないのと、パートの方が言葉は悪いですが仕事ができないのに仕事を選ぶため年下の負担増 大)■上記のことで文句を言ったら職場全体で冷遇されるようです(無視や高圧的な態度をとられる)■その他、では書けないどろどろの人間関係もし同僚が退職した場合、そのまま私が同僚の後を受け継いだとしてもその労働環境に耐えられる自信がありません。
私には会社を辞められない諸事情があるので、現在の労働環境に条件を提示することは可能ですか?具体的には私の他にもう一人若手を異動させてほしいです。
もしくは新たにアルバイトを雇ってもらいたいです。
ただし、その部署は新しくできたばかりで売り上げが少なく、予算も限られているようです。
こう書き出してみると、自分が楽をするためのようで気が引けてきてしまうのですが、同僚のようにストレスを溜めて日常生活の楽しみも奪われてまで、現在の労働条件を飲まなければならないほど、会社員というのは会社や職場に条件を要求することができないものなのでしょうか?その部署に異動となったとしても出世や給与アップなどはありません。
おそらく給与も下がります。
法律や労働局はまったく守ってくれませんか?なんだか、悲しくなってきてしまいます。
また、条件を受け入れられなかった場合異動を拒否した場合には、会社側からペナルティを私は受けなければなりませんか?そうなった場合には私も退職しようとおもいますが、単に辞めるのは悔しいのでなにかすることはできますか?まとまりのない文章になってしまいましたが、皆様のお知恵を拝借できればと思います。
最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

法律は一定の保護を与えますが、労基署や労働局の関与する事案とは異なると思われます。
出世や給与アップの見込めない部署というのは現実にはありえるでしょうが、具体的な立証が出来るものでもなく、職域に貴賎はなく、強く主張ができて法的な保護が与えられるものではありません。
職種や権限、待遇が大きく不利益に変更した場合の違法性が指摘された裁判例もありますが、今回問題と出来るとすれば、同一の勤務内容でありながら給与が下がった場合でしょうか。
条件をつけられるかについて。
勤務地や職種を限定しない雇用契約の前提に立っていれば、包括的に異動辞令は一方的な通知でたり、労働者側からは新たに具体的な労働条件についての確認承諾の契機となるにとどまるとおもわれます。
この点、原則、拒否はすなわち労働契約の解除、退職ということになるでしょう。
そもそも、労働者が、経営の専権事項に関わる問題に条件を付けるということができるはずがありません。
そこまでに責任を持つ経営的な職責を担う役職での雇用形態なら別ですが。
通常は、その自己の職責の範疇で、想定される事態が明確なら、それを誠実に報告すればよいだけです。
今回質問者様が具体的に憂慮されていて、自己の健康上、担い続けられないと判断するなら、そのまま事前に報告をすべきで、なお対策を採らないことで生じた結果の責任は会社が負うことです。
実現するかは別にして、質問者様に損害が生じたなら、会社に請求することすら可能でしょう。
そのためには、まず、社員として当事者として報告義務を果たすことです。
以上のとおり、私見としては「報告」すること、これに尽きます。
なお、そうすることで仕事が使辛くなるなどの不利益があるかも知れません。
最終的にどうされるかは自己責任です。
良い結果とならないとすれば、質問者様との相性において、その程度の会社ということです。
法が守るかということについては、現実は個人の一労働者に対して、決して優しくはありません。
誠実で正直な人が報われることをねがいます。
Good Luck.なお、第四銀行事件を引き合いにされている回答者さまがいらっしゃいますが、同事案は就業規則の変更に対する事例と認識いたしております。
むしろ、事例として考慮すべきは、バンクオブアメリカイリノイ事件でしょう。
いずれにしても、既に上述しておりますとおり、著しく給与単価の引き下げが発生するケースでなければ、対象外で、受忍限度内として現実に保護される事案でないと考えるべきでしょう。

一名が抜けた穴を埋めるために質問者さま+一名つまり一名の穴埋めに二名ってのは筋がとおりませんね。
ただ、きちんと業務を遂行するための障害を排除するたmの交渉はアリだとは思います。
ただし、
>●具体例●
の記載が具体的でないというかこの部分をどう表現するかによって話の進行が代わる感じがします。
一番目は
・申請したとおりの休日を取得することが出来ない(○○さんが勝手に決めた休日しか休めない)。
二番目は
・仕事の負荷が増えた際に○○さんが全く手伝ってくれないので、残業時間が非常に増える。
って感じで説明しないと上層部に伝わりません。
三番目は具体的に何を言ったかをメモったりしないと説明できませんね。
四番目も基本的には女性が多い職場では高確率で発生する事象なので、具体的に何がどうなるかを言わないと伝わりません。
戦い方としては、辞めようとしてる同僚を辞めさせないために会社と交渉するか、辞めた後の異動の際に戦うかによって異なりますが、辞めた後に戦うのであれば、辞めた理由なんかをメールで送ってもらいそれを元に、「こんな部門に異動できません!」って感じで異動後の待遇について会社の確約をとる形になりますね。
また、質問者様自身が
>会社を辞められない諸事情がある
のか
>そうなった場合には私も退職しようとおもいます
ってどっちか全く分かりません。
もう一回きちんと文章作ってから再質問された方が良さそうに思います。>●結論から述べますと質問者様の文面からわかることは
社員に対して「著しい不利益を与える行為」です。
これは労働基準法において「労働条件が著しく低下する
職場への出向命令など」に当たるものです。
■過去の裁判所の判例では「第四銀行事件」平成9年2月28日
最高裁判所判決で「不利益の程度、変更の必要性及び変更後
の内容、代償措置などを総合的に考慮して合理性が認められれば
可能」と判示しております。つまり、労働者に対して、「不利益な変更
は許されない!」ということです。
■質問者様の質問文では上記の「現状の職場から著しく不利益
な変更」であり、このような場合は労働者は使用者(会社側)に対して
不当要求より「ノー!」といえる権利があります。
又、不当要求に対しては、いつ、何を命じられたか上記内容を録音テープ
や日記などで記録に残しておくことも重要でしょう。
■さて、会社側から質問者様に対して、上記不利益変更を強制的に
行った場合は、まず、お近くの労働基準監督署か労働局にご相談
されることをお勧め致しますが、昨今の労働事件をみると、期待は薄い
です。故に、1度法テラスなどで労働に詳しい弁護士さんに相談される
と宜しいでしょう。上記内容は質問者様(労働者)の労働契約不利益
変更ですから相談にのって頂けると存じます。
上記がお役に立てば幸いです。
(参考:身をまもるための労働法 労働調査会より)>

新しい名前は

新しい名前は新潟帝国銀行 地銀再編、次は新潟で第四・北越が経営統合へ ダイヤモンド・オンライン3/16(木) 15:30配信新潟県の地方銀行で最大手の第四銀行(新潟市) と二番手の北越銀行(長岡市)が経営統合する方向 で最終調整に入ったことが、16日分かった。
4月にも基本合意を交わした上で、2018年春をめど に統合を目指す。
統合の形態は共同持ち株会社を設 立して、2行が傘下にぶら下がる方式を検討してい る。
将来的な2行の合併も視野に入れる。
2行は統合による規模の利益の追及などによって経 営効率を高め、今後の生き残りを図る。
2016年9月末時点での2行の連結総資産額を単純合算すると、8.2兆円。
統合が実 現すれば、全国の地銀約100行・グループの中で10位台に浮上する、大規模な地銀 グループが誕生することになる。
2行を経営統合へと突き動かした要因は大きく二つ。
ここ数年で相次いでいる他の 地銀再編と同じく、地元地域の人口減少と超低金利環境だ。
国立社会保障・人口問題研究所によると、2行が地盤を持つ新潟県における25年 時点での15~64歳人口は、10年時点と比べて約2割も減少するという推計結果(13 年3月推計)が出ている。
また、足元の経営環境も16年2月の日本銀行によるマイナス金利政策の導入以 降、一層厳しさを増している。
超低金利の状況において、預金と貸出金の金利差で ある利ざやの縮小が進んでいるためだ。
対前年同期比で見た、2行の16年4~12月期 決算における業績がそれを示唆している。
一般事業会社の営業利益に当たる実質業務純益では、第四銀行が26.7%減の117億 円、北越銀行が18.9%減の65億円。
さらに、連結経常利益では2行共に3割以上の減 少という苦境に陥っている。
この状況が長く続けば、将来的に地元である新潟県の地域金融を支えられなくな るかもしれない。
そんな危機感が2行を統合交渉のテーブルに着かせた。
● 問われる顧客本位の再編今回の案件は地銀再編が新たなフェーズに入ったことをあらためて印象づける。
この1年ほどで、同じ都道府県内に地盤を持つ地銀同士による経営統合の表明が相次 いでいるからだ。
16年2月に基本合意を発表した長崎県の十八銀行と親和銀行に始まり、今年2月に は三重県の三重銀行と第三銀行。
さらに、3月には大阪府の近畿大阪銀行と関西アー バン銀行が、みなと銀行(兵庫県)を含めた3行統合に関する基本合意を発表した。
第四銀行と北越銀行がこれに続けば、今年に入って3件目。
この1年余りの間では 4件目となる。
一連の地域内再編の口火を切った長崎県の十八銀行・親和銀行の案件では、統合 した場合の市場シェアの高さが懸念され、独占禁止法に基づく公正取引委員会の審 査が長期化している。
地銀の地域内再編案件が次から次に浮上する中、公取委の判断には一層の注目が 集まることになるだろう。
逆に地銀としては、競争の排除などを目的とした「銀行のため」の再編ではな く、「地域や顧客のため」の再編であることを示す必要があり、その公約を実現す る覚悟と実行力が問われることになる。
また、新潟県の周辺地域である東北・北陸地方は

個人的には合意不調により白紙になると予想しています。
公取もありますが、重なる営業基盤での統合でメリットは限定的でしょうし、支店の統廃合で影響する中小企業も出るでしょう。
カギは北越銀行がどこまで譲歩するかでしょう。
もし統合したら持ち株会社は新潟銀行ではないでしょうか。

新潟県では主にホクギンと第四銀行があります。
今、ホクギンの口座を持っており、...

新潟県では主にホクギンと第四銀行があります。
今、ホクギンの口座を持っており、主にセブン銀行で下ろしたりしています。
また、3月の下旬に四国に旅行に行くのですが、四国にはセブンイレブンはなく、私の行く地域にはローソンがあるので、ローソンのATMで使える口座を1つ持とうと思っています。
そこで質問なのですが、・ローソンのATMで使える、第四銀行の口座を開設・三菱東京UFJ・りそななど都市銀行の口座を開設どちらがいいのでしょうか。

四国には都市銀行の支店はほとんどありません。
各県にあるのは、みずほ銀行だけ、それも1ヵ所だけという県が多いです。
ローソンのATMもすべてのローソンにあるわけではないです。
むしろ便利なのは、全国ネットの郵便局か労働金庫などだと思います。
引っ越すのでしたら、地元の銀行に口座を作った方が便利だと思います。

三井住友銀行は、平日の日中の間は郵便局ATMでの引出し手数料が無料ですから、便利なのではないでしょうか。
もちろんローソンATMでも使えますし、One's plusの優遇条件を満たせば、コンビニATM利用手数料が終日無料です。>ゆうちょ銀行がいいのではないでしょうか。全国各地にあるでしょ。みずほ銀行は宝くじの関係で各県に最低1つは支店があるようですが、郵便局の数には負けますよね。>旅行のときに使うというなら、
口座開設の手間を考えると、終了時間はコンビニより早いですが、
銀行や街角にあるキャッシュコーナーで下ろせばいいのではないでしょうか。
(結構あっちこっちにあるので、特に問題ないと思います)
私は、四国に実家があるのでよくいきますが、
北越銀行のカードでも全然困ったことがありません。
保険として、クレジットカードがあれば万全です。>

現在4ヶ月の子供がいます。
そろそろ学資保険に入ろうと考えていますが、どこに入ろ...

現在4ヶ月の子供がいます。
そろそろ学資保険に入ろうと考えていますが、どこに入ろうか迷っています。
思い当たるのは郵便局や第四銀行など身近なところですが、お勧めの場所はありますか?教えて下さい。

郵便局など医療保障とセットの学資保険は支払額より受取額が少なくなり(80~90%)、医療保障がないものには支払額より受取額が多くなるものがあります(110~120%)。
結論は、医療なしの学資保険+都道府県民共済月1000円やコープ共済がお金も貯まり、医療保障も手厚いです。
学資保険は今までソニー生命とアフラックのトップ2でしたが、2013年3月の保険料改訂(値上げ)により、2013年4月から販売された日本生命の学資保険が受取方法・支払方法の種類、返戻率(利率)でダントツの商品となりました。
○受取方法(1)中・高・大入学時(2)高・大入学時(3)大4年間で分割(4)大入学時に一括があります。
○支払方法・利率(1)17・18歳払→約114%(2)10年払→約119%(3)5年払→約124%(4)一括→見積り経験なしがあります。
(4)は学資金を一括で納める、(1)はスタンダード、(2)(3)の月々の支払いは(1)の約1.4倍~約2倍になりますが、教育費がかからない5~10歳頃までに払い切る方法で利率が約120~125%になります。
我が家は長男がソニー生命月13000円×12月×17年=2652000円受取りが12歳54万15歳54万18歳180万合計288万(約108%)次男が2つ。
アフラックが月20860円×12月×10年=2503200円15歳50万18歳250万合計300万(約119%)日本生命が月32000円×12月×5年=1920000円受取りが18歳240万(約125%)ソニー生命www.sonylife.co.jp/mobile/f.cgi?/mobile/gakushi/index.xhtml&...アフラックmobile.aflac.co.jp/syoh/syoh_mc.html?&referer=pmk11342日本生命www.nissay.co.jp/kojin/gakushi/比較される場合、上記のアドレスで見積りが簡単にできます。
参考になれば幸いです。

ソニー生命お勧めです。
是非ともリーフレットを取り寄せて検討してみて下さい。
元郵便局会社社員より>郵便局と第四銀行も良いでしょうが、学資保険の本来の機能は「返戻率(支払い保険料に対して満期時に戻って来る割合)が高く効率的な貯蓄性」と「大黒柱である一般的にはご主人(時には奥様)が万が一時の死亡時に保険料負担無くても保障が継続か保険金支払いがあり学資資金の確保が出来る」の2点です。バブル期は学資保険なら郵便局と代名詞が付くほどで又、どの保険会社もを選択しても効率良かったけど、今の低金利時代では差がででいます。郵便局の現在はかつて程ではなく、ご主人(奥様)の年齢次第では対して増えないか下手すると元金割れします。他社はどうなのか?そう大差は無いけど、郵便局では元金割れするところ、しっかり増えるケースもあります。外資系保険会社も結構効率良いですよ。それと「学資保険」は各社ペットネームで商品名を記載していますが、大本の基本形の保険は「養老保険」でありそれを改良してただ学資保険(ペットネーム)とよんでいます。であれば「養老保険」で選択しても良いわけです。もっと言えば他の保険を活用して学資の準備が出来ます。例えば「終身保険」です。払い込み積み立て期間を短期間に終えて、後は使いたい時期に解約して一部、または解約します。「終身保険」活用がより効率的ケースもあります。以上からすると、ズバリベストの保険商品名、又は保険会社を知りたいのでしょうが、私は3社(商品)知っていますが、全商品を調べたわけではありませんのでここではあえて伏せます。本当に信頼できる、営業マンに依頼されたらいかがでしょうか?注意点は、巷では街に保険ショップが溢れかえり、「全保険会社を取り扱い、一箇所で選べて便利ですよ」と歌い文句にしているけど、中には実は販売手数料の高い商品しか販売していない顧客よりもショップの利益優先のところも数多くあるみたいです。インターネット保険会社は保険料の安さを売りにしているけど、保険には契約したけど保険金が出なかったと言う事がないように重要事項内容をしっかり把握しなくてはいけません。
いかがでしょう・・・以上からすると、検討を商品から入ったりするとベストの辿りつくのは至難の業です。やはり信頼出来る、商品知識多く、誠実で、経験豊富で、コンサルティングスキルのセンスが高い営業マンに「コンサルティング」にしてもらったほうが確実で早くはないかと思いますが。>親御さんは生命保険には入られていますか?
学資保険はのメリットは、親の死亡時に支払い免除になることです。
高校生までは、遺族年金もし払われますし、実際の運用から言うと、学資保険よりも、積み立ての方が、何か急な出費が必要な時に目的外使用ができます。
最初から学資保険で、となるとムダが大きくなることが多いですよ。>

第四銀行からイーバンク銀行に振り込む際の、振り込み手数料はいくらかかりますか?

第四銀行からイーバンク銀行に振り込む際の、振り込み手数料はいくらかかりますか?

↓のサイトの「他行あて」の欄をご覧下さい。
www.daishi-bank.co.jp/tesuryo/tesuryo.html#kawase

第四銀行から三菱東京UFJ銀行へ振り込むことは出来ますか?

第四銀行から三菱東京UFJ銀行へ振り込むことは出来ますか?

ふつに振り込みできますよ。

「他行あて」で振込できます。
www.daishi-bank.co.jp/tesuryo/tesuryo.html>

第四銀行から伊予銀行への振込は可能ですか?

第四銀行から伊予銀行への振込は可能ですか?

「他行あて」で振込できます。
www.daishi-bank.co.jp/tesuryo/tesuryo.html

どの銀行でも信用金庫でも金融機関同士であれば振込み可能です。>

ローン返済についてお聞きしたいのですが。

ローン返済についてお聞きしたいのですが。
今、銀行とクレジット会社含め4社からお金を借りています。
第四銀行のスピーディー信用金庫ジャックスニッセンを一つの銀行から借りて返済をしたいのですが、年間所得が300万円以下なのですが、金利が低く安心でき借りる事のできる銀行はありますでしょうか?詳しい銀行名を3つくらいあげてほしく思います。
ちなみに楽天銀行やネット銀行は大丈夫なのでしょうか?楽天銀行やネット銀行でお金を借りる場合の、手付き方法も教えていただけますでしょうか?あと、ちなみに私がちゃんとした社員で、嫁が派遣会社の社員なのですが、派遣社員でも嫁の名義でも金融機関でお金を借りる事はできるのでしょうか?なるべく私名義で借りたと思っています。
長文になりましたが、その点を含めて詳しく教えていただきたいのですが宜しくお願いいたします。
補足住信SBIネットバンクや三菱東京UFJ銀行のローンもありますが限度額が高くいいのかと思うのですが、含めてお願いいたします。

借金合計がどれくらいか知りませんが、その年収ではかなり難しいですよ。
派遣は借入の可能性はありません。
下のmatsu任意整理はブラックだ。
デタラメばかり書くな

今、借りている銀行や信金の限度をあげてもらい
クレジットを返済するのは、いかがですか?
銀行ですと、借入金額が増えると、金利が低くなるケースが多いと思います>まとめて金利負担が軽くなるならいいのですが、そうでないならあまりまとめる実益がないように思われます。
金利の高いものからさっさと片付けてしまうのがよろしいかと。>まとめても返済は楽にはならないと思います。
まずはまじめに一つずつ返済する方法を考えましょう!
返済できない時は金利は払わずに元金だけ支払う任意整理にしましょう!
それならば自己破産では無いのでブラックにはなりません。>

七十七銀行は金融機関コードが077ですか?

七十七銀行は金融機関コードが077ですか?それでその名前なんですか?

「七十七銀行」 金融機関コード:「0125」明治に作られた国立銀行の77番目の銀行。
この時代の銀行名は作れられた順のナンバー銀行名だった。
国立銀行は国が設立した銀行ではなく、国法によって立てられた銀行。
第一銀行(第一国立銀行)→帝国銀行→第一銀行→第一勧業銀行→みずほ銀行七十七銀行以外に第四銀行十六銀行十八銀行百五銀行百十四銀行等が現在も現存する。
※それ以外も同じ形式名の銀行があるが、元は国立銀行として設立したものではない。
それ以外は、破産、合併吸収、社名変更している。
八十二銀行は、六十三銀行と第十九銀行が合併したことにより、合計した銀行名となる。
金融機関コードは、全然後の時代の話。
全国銀行データ通信システムというオンラインで銀行のネットワークを結ぶ仕組みにより、その判別として付けられたコード。

国立銀行が設立されてきたとき
77番目の銀行ということです
金融機関コード125です
どこかの銀行かわすれました
数字3桁の銀行有りましたが
合併して足し算して
その数字になった銀行もあって
数字の銀行がすべて 順番でもない
ということもあります>

-第四銀行

© 2020 ちょっと1億稼いでくるわ